前へ
次へ

映画館はコロナ感染のリスクが高いのか?

一戸建ての不動産査定をする際の、チェック項目について、いくつか説明させていただきます。まず、基本的な査定として、土地価格、建物の築年数と、木造建築か軽量鉄骨造りか、などといった建物の種類から評価をだします。これが、基本的な査定価格の基準となります。それから、実際に不動産鑑定士の方が自宅に来て、あちこちチェックされます。床や壁の汚れ具合、キッチンまわり、オール電化かガスと電気の併用か、などといった事が、チェック項目の対象となります。床などに傷があると、若干ではありますが、減点項目の対象となります。他に、インターフォンの種類や、一階と二階をつなぐ電話、床暖房などの設備なども、どれほど設置されているか、細かくチェックされます。また、外の騒音、学校や病院やスーパーの場所、駅からの距離など、周辺の生活環境も考慮されます。このようなことを調査して、不動産査定を行います。

top用置換

Page Top